古きよき時代の・・・☆



最近猛獣息子と話したところ、1年前はス~070.gifだった日本が段々と住みづらい処・・・になってきたみたい。

アメリカで生まれ育った息子にとっての日本は、夏休みに遊びに来て、好きなことを好きなだけ出来るそれはそれは桃源郷のごとく、「楽園」そのものだったようです。

高校卒業時に深く考えず「日本の大学がいい!」と急に決め、日本の大学生になっているワケですが、やはり「楽園」はあくまでも空想の世界であって、現実ではないのかな~。

前にも彼がぶち当たった壁・・・について記事にしましたが、今回はまた違った、生活全般での壁にぶち当たってるみたい008.gif

前は日本人への不満を言っていたけど、今は自分がその嫌な日本人になっちゃっているみたいで・・・


例えば、アメリカ生活長い彼にとっては、ドアを開けたら次の人のためにも開けて待っているのが普通。

で、次の人は「Thank you」と言って、また次の人のために開けてあげる、のも普通。

でもね、これを日本でしていると次の人だけでなく、その次の人もまたその次の人も「ありがとう」もなく、息子の横をさ~っと素通りしてしまうらしい・・・のです。

いい加減に頭に来て「僕はドアマンじゃないんだから!!」って思ってしまうみたい。

結果・・・

自分もドアを開けて待ってない人になっちゃう・・・しかも、サッとドアを閉めちゃう!

そんな自分が嫌なんだ・・・って。

確かに~!

開けてるとささ~っと通っていく人もいますよね、でも「ありがとう」って言ってくれる人もいるけどなぁ。

息子の頭の中は(日本はありがとうも言わない人ばかり!!)になっちゃってます。



同じアパートに住んでいるのに、会っても「おはようございます」「こんにちは!」と声をかけてくる人が全くいないし、眼も合わせないらしい。

結果・・・

だから僕も何も言わない・・・

そんな自分が嫌なんだ・・・って。



それから、こんなことも言っておりました。

高齢者(と思われる)方に席を譲っても

「結構です!」って拒否されることもあるみたいで、

(譲ったんだから座れよ~~!!)って思っちゃう自分が嫌なんだ・・・とか

重い荷物を持っている高齢者(と思われる)方に

「荷物持ちましょうか?」と近寄ると

(なに?この子・・・私の荷物もってっちゃうんじゃないかしら・・・)って怪訝そうな顔をされちゃうらしく、

もう絶対誰にも親切にしない!って思っちゃう自分が嫌なんだ・・・って。


どれもこれもありそうなことではあるから、息子になんと言っていいかわからない私がいます。

私が大好きな日本はこんなんじゃなかったような気がします。

そう、古きよき時代の日本だったな~053.gif

ご近所での声かけは当たり前だったし、家の鍵なんてかけなくても全然OK!みたいな(笑)


ま、猛獣息子よ!日本中確かに昔よりはギスギスしてきてる気はするけど、まだまだ「ありがとう!」だって「こんにちは」だって言ってる人は言ってるんだから、人が言わないから僕も言わない!じゃなくて・・・

人が言わなくてもいつもニコニコ「ありがとう」と「こんにちは」は言える人になって欲しいです。

あ、そうそう「ごめんなさい」もね。

アメリカでは「ごめんなさい」ってあまり言わないでしょ?言ったら負け(裁判になったりした場合)という考えがあるから・・・と聞いたことがあるけど。

これから何処に行っても、どこに住んでも

「ありがとう」「こんにちは」「ごめんなさい」は、

しっかり言える人になっていてね。

どんどん嫌な自分になっちゃうんじゃなくて、人があなたの親切を受けなかったとしてもそれを恨むのではなく、今は必要じゃないんだな・・・って思える人になって欲しいな。

親切はやって(あげる)ものではなく、あくまでも自分の気持ちで(やる)ことなんだから、ね。
(これは私自身も気をつけてること)


数日前に友人の住むマンションに行った時、玄関で全く知らない人から「こんにちは」って挨拶されましたよ☆

まだまだ日本、捨てたもんじゃない!って思えました。

あ~良かった!001.gif

母が生まれて育った日本・・・嫌いにならないでね~~!!

日本LOVE053.gifな母より
[PR]
Commented by ほぜこ at 2011-07-14 08:40 x
昔、会社勤めをしていたとき、地下鉄の駅を出て重いガラスドアを引いてからビルに入るところで、私が引いて開けたとたんに向こうから来た大柄なサラリーマンにぶっ飛ばされるようにして先に行かれたことがありますよ。
ご存知のとおり私はチビで、しかも今と違って当時は体重が42キロくらいでしたから、本当にぶっ飛ばされました。
そのときは「国際結婚率が上がっている」なんて話がテレビで出ようものなら、そのドアの通り方一つとって見ても「当たり前じゃん!」と思いましたね。
身長150センチあるかないかの私が一生懸命ドアを開けてるのに、180センチもあろうかという大男がぶっ飛ばして通る国‥‥どんな国民性よ!!って。
日本では家庭でも社会でも、仕事してる人の「忙しい」が優先され過ぎ‥‥という一面は本当にあると思います。
Commented by ほぜこ at 2011-07-14 08:40 x
長くなってごめんなさい。

ドアマンもそうですけど、女性だとエレベーターガールにされちゃう人もいますね。
たまたまドア近くに立っていたので「開」ボタンを押して乗って来る人を待っていたら、その人が乗り込むや「6階」とか言われたこともあります。
今だったら「‥‥はぁ?!」くらいは言い返せるんですけど、当時は言えずに内心で悔しがるばかりでした‥‥(^_^;)。

アメリカでは車をぶつけたりしたときの「ごめんなさい」は言いませんが、ちょっと身体がぶつかったりしたときの「ごめんなさい」や、人の目の前を通るときの「失礼します」は絶対言いますよね。
日本の満員通勤電車では、まず絶対といっていいくらいこれらを言われることがなく、殺意を覚えるくらい腹が立ったことも記憶にありますね。

今は景気の後退と震災後の節電で人々がイライラしているのか、客商売の知人も「お客さんの態度が荒れて来ている」とブログに書いてました。
日本人ってやっぱり心に余裕がない人が多いのかな‥‥?
Commented by tokkanusa at 2011-07-14 22:30
生活する事でその国が見えてきますね
そして、自分も見えてくる・・・
自分を嫌いにならないで! 
自分らしく生きて!
そしたらきっと何か違うモノが見えてくるかもしれません

第二の祖国、日本!
嫌いにならないで欲しいです
でも、ここを乗り越えたら、又、ステキは日本を発見できるかも・・・
Commented at 2011-07-15 04:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by かもくん at 2011-07-15 06:52 x
> これを日本でしていると次の人だけでなく、その次の人もまたその次の人も「ありがとう」もなく、息子の横をさ~っと素通りしてしまうらしい

これ、よ~~くわかります。あとは複数窓口があるときにフォーク並びをしても誰も後に続かなかったり(笑) これは心の問題というより、知識と習慣の問題だと思うんですけどね。
Commented by mikacrystal at 2011-07-16 08:54
ほぜこさん
>景気の後退と震災後の節電で人々がイライラしているのか、客商売の知人も「お客さんの態度が荒れて来ている」とブログに書いてました。
日本人ってやっぱり心に余裕がない人が多いのかな‥‥?

そうなんですか~?
震災直後は(礼儀正しい日本人)として賞賛されていたのに・・・ね。
息子にも海外での評判を話していたのに。

エレベーターガール・・・
もしかしたら、ドア付近に立ったときは自ら「何階ですか?」ってエレベーターガールしてるかも・・・です(笑)
Commented by mikacrystal at 2011-07-16 08:56
tokkanさん
そうなんですよ~。
嫌いにならないで欲しいんです!!
でも、今は何を言ってもマイナス思考(日本人に対して)になってます><
日米両方共に良いところ、悪いところがある・・・と
気づいてくれればいいんだけどなぁ。
Commented by mikacrystal at 2011-07-16 08:57
鍵コメさん
コンビニのお兄さんにも話しかけちゃう鍵コメさん、素敵です!(笑)
どんなときにも自分の気持ちに素直に・・・が基本かも。
息子にもそうなって欲しい!!
Commented by mikacrystal at 2011-07-16 09:02
かもくん
もしかしたら・・・初コメですか~?
ありがとうございます!!
> これは心の問題というより、知識と習慣の問題だと思うんですけどね。
確かに習慣の違い・・・は大きいけど、ありがとうやごめんなさいは誰でもどこでも使って欲しいな~。
でも、エスカレーターの片側を通路にしたり、トイレもフォーク並び(?)じゃなく、一列並びになったのはここ数年?これから色々変わるかな~?
Commented by hanae at 2011-07-24 07:43 x
こんにちは、まだ日本ですか?
息子君はいろいろ悩んでいるんですね。でもそれをちゃんとお母さんに話せるのはいいことだと思います。
日本の外側に住んでみて初めてみえることってたくさんあったから(今も進行形だけど)、日本のいいところ、アメリカのいいところ、それぞれわかるといいですね。
Commented by mikacrystal at 2011-07-27 11:54
hanaeさん
そうですね、母に話してくれて嬉しいです☆
反抗期真っ盛りのときはワケわからず暴れてましたから(笑)

やっぱり離れて住むと親のありがたみや感謝の気持ちが出てくるみたい。
大した食事を作っていたわけじゃないのに(どんだけレベルが高かったのか・・・と判った)な~~んて言われちゃいましたよ。ハハハ。
どんだけレベルの低い食事をしてるんでしょうね・・・:(
by mikacrystal | 2011-07-13 23:15 | 我思う・・・ | Comments(11)

北カリフォルニア・サンノゼ/シリコンバレーでパーソナルカラー診断始めました☆


by mikacrystal
プロフィールを見る
画像一覧